• ALLYOUNEEDS-管理人

マスクを長時間着けていて耳が痛くなる原因と解決策

最終更新: 6月1日

マスクを着けると耳が痛くなる。 全世界的に広まっているコロナウィルスの影響で、世界的にマスクの着用が習慣化されており、日本では、『アベノマスク』なる布マスクが日本政府から各家庭に配布中だ。 そんな生活必需品のマスクを着けていて問題になるのが、長時間着用時の耳の痛みかゆみ。これに悩まされている方も多いだろう。 考えられる原因は何だろうか。





原因① 長時間使用による耳裏の圧迫 主な原因がこれだろう、いくら感染を防いでくれるマスクとはいえ、長時間着用していると、肌荒れや炎症を引き起こす原因となってしまう事も。 仕事等で常に着用していないと働けないという方も多いかもしれないが、周りに人がいないときなどはマスクを外し、肌を休ませてあげるのが良いでしょう。


原因② マスクのサイズが合っていない(小さすぎる) マスクには様々なサイズがあり、人の顔のサイズも十人十色であるため、自分に合ったサイズのマスクを探すのは意外と至難の業なのかもしれない。 顔に対して大きすぎるマスクを着用すると、そもそも飛散防止にならないかもしれないが、るとストレスが大きいため出来るだけ、自分に合ったマスクを心掛けるのがいいだろう。


原因③ 皮膚がデリケート 耳の裏は皮脂が現れることも多く、意外とデリケートな場所なので、元々皮膚が弱い方などは、マスクの着用が困難であり、尚更長時間のマスク着用は皮膚に負担を与えてしまう。



マスクのストレスを軽減・解放されるには? 解決策① 肌に優しいマスクを選ぶ

使用するマスクの中でも、ゴム紐のマスク等は、紐の面積も狭いため耳に圧迫感を与えやすい。定番の不織布マスクでも、紐部分に『ポリウレタン』を使用しているマスクは比較的耳の負担が少ないため、使いやすい。


           出典:Amazon.co.jp


解決策② 耳に触れない工夫をしてみる そもそも耳に触れなければ耳の痛みから解放される!ということで、 様々なやり方でマスク着用している方がいらっしゃいます。

私が通っている美容室では、美容師さんもお客様もマスク着用が義務付けられており、『クリップ』を使ってマスク着用をしておりました。 その他にも、輪ゴムを使用し、マスクの両紐を引っ掛けて頭の後ろで引っ掛けるなど様々な工夫がSNS上でも見受けられました。

解決策③ マスクのイヤーガードグッズを使う このマスク需要を機に、様々なマスクグッズが販売されており、上記解決策②ような、マスクが耳に触れないようにするグッズが販売されております。 私の会社でもマスクの『イヤーガード』という商品でWeb上での販売と、クラウドファンディングMAKUAKE上で現在掲載中でございます。


MAKUAKEで掲載中のイヤーガードに関しましては、アジャスター付きでサイズ変更が可能なので、子供から大人まで自分のサイズに合った着用方法が調整可能です。

もし良ければ下記リンクより覗いてみてください。



まとめ

原因 長時間使用による耳裏の圧迫 マスクのサイズが合っていない(小さすぎる) 皮膚がデリケート

解決策

肌に優しいマスクを選ぶ 耳に触れない工夫をしてみる

マスクのイヤーガードグッズを使う


以上になります。

マスクを着用しないと外出できなかったり、どこに行ってもマスク着用が義務化されていたり、少し生活しづらい日々が続いておりますが、そんな中でもみんなで知恵を出し助け合い、また通常の生活が戻りみんなで幸せな毎日を折れるよう協力していればと思います。

簡単な知識ではございますが、参考になれば幸いです。 私たちALLYOUNEEDSは皆様の生活を少し豊かにするアイデアグッズの企画・製造を行っている少数精鋭集団です。 これからも新たな商品を企画し、皆様に有益な情報をお届けできればと思います。 株式会社ALLYOUNEEDS

0回の閲覧
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン

Copyright © 2020 ALLYOUNEEDS. All rights reserved